音楽CDから取り込んでBGMにする




■ここでは、個人で楽しむ動画作成として、手持ちの音楽CDから曲を取り込んで、
それを、動画のBGMにする方法です

最初に、この記事は、初心者さん向けに、
PowerDirector13の操作方法を説明しているだけです。

※著作権の問題に関わってきますので、この方法で作成した、動画をYouTubeなどの
動画にアップすることは、違法になります。
しかし、作成した動画を個人で楽しむためなら、問題ありません。

操作1 先に、素材のもとになる音楽CDをドライブ機器に入れておきます
その際に、他のソフトが起動したら、終了しておきます

操作2 PowerDirector13を起動して、タイムラインに動画を配置した状態です
ここから、上のメニューにある、「取り込み」ボタンをクリックします
画像1
6-s1-003
操作2 取り込み画面が表示されるので、左画面にある、CDの形をした
「CDから取り込み」アイコンをクリックします。
するとCDを認識します
画像2
6-s1-004
操作3 そのまま、一番下にある、「トラック」ボタンをクリックします。青矢印
すると、CD内の曲がトラック番号で全部表示されます
※ここで、例として一番上のトラックを選択しています。赤枠
画像3
6-s1-005
操作4 選択できたら、上にある、赤丸の「録画」ボタンをクリックします。青矢印
すぐに、保存する名前をどうするか表示されるので、自分で適切に付けます
そのまま、下の「OK」をクリックします
画像4
6-s1-006
画像5 すぐに、「取り込み済みコンテンツ画面」に曲が取り込まれ、
6-s1-007
操作5 左上のメニューから、「編集」をクリックします。赤枠
画像6
6-s1-008
画像7 元の編集画面に戻ります、このとき、取り込んだ曲が、タイムラインのミュージック
に配置されます。赤矢印
画像7
6-s1-009
これで、音楽CDをBGMとして、取り込みの作業は終了です。
しかし、画像7のように、動画素材のほうが、時間が短く、BGMの曲が、長くなっています
ここから、さらに、BGMをカット編集して、動画に合わせていく作業も必要になります。
※または、最初から、映像素材に合わせた、曲を取り込むのも良い手です

スポンサーリンク